率直な意見交換の場

「病診連携Wの会」順調に運営

済生会神奈川県病院と横浜市神奈川区の開業医

済生会神奈川県病院と横浜市神奈川区の開業医らは、患者の紹介・逆紹介・在宅ケア上の問題点について意見交換する「病診連携Wの会」を結成、活動を活発化させてい る。地域完結型医療システムの構築が目的。病院側の医師や開業医が、対等な立場で 率直に討議できる環境を整備した。紹介率の向上をめざす病院側の体制整備が進むなか、地域の開業医も医療連携の重要性を実感し始めている。

「病診連携Wの会」は、同院の勤務医と横浜市神奈川区・中区・保土ケ谷区などの開業医らが、より円滑な病診連携を実現するために発足させた。現在、62人が参加しており、年2回、定期的に研究会を開催。患者の紹介や逆紹介など、病診連携の問題について討議し、最新情報を交換し合う。演題発表や討論を行うなど、研究会や学会に近い感覚だ。会の開催回数が増えるにつれ、高い目的意識をもつメンバーが集まるようになってきた。

同会が発足したのは、十数年前。地域の若手開業医が数人集まり、若手の勤務医と交流をもとうと、働きかけを行ったことがきっかけだった。患者を紹介した場合、担当するのは現場の勤務医。「紹介した患者はどうなったのか」など、勤務医に対して率直な意見をぶつけてきた。単なる紹介状だけでなく、直接顔を合わせて話しをする。 こういった交流が、病院の勤務医と開業医との信頼関係を構築する基盤になっているという。

同会の最大の特徴は、ただの顔合わせではなく、勤務医と開業医というように立場の違う参加者が率直に意見交換できる点だ。参加メンバーは必ずしも医師とは限らない。 看護婦や薬剤師、病院の事務担当者が参加することもある。

同会の世話人代表を勤める中村胃腸科内科医院の中村眞巳院長は、「病院の医師も、 開業医も、看護婦も、参加者はみんなイーブンな関係」と説明する。参加者のなかで上下関係があると、率直な意見交換はできないからだ。

円滑な病診連携を実現するためには、対等な立場での信頼関係を構築することが不可欠ー中村院長をはじめとするメンバーの間には、こういった共通 認識がある。病診連携を語る場合、紹介率の向上など病院側のメリットが指摘されることが多いが、開業医が得るものも大きい。

 

平成13年2月13日 Japan Medicineより