第22回病診連携Wの会の開催日は平成14年7月3日(水)に決まりました


平成14年4月15日世話人会が開かれ、総会開催についての準備が進められた。 第22回となり、それなりの発展をみてきたが、今回は、会則、会員名簿の見直しと 運営についての話題を中心に活発な議論が行われた。


1.開かれた会としての会則について、若干の変更が予定されるとともに、会員名簿 についてもそれなりの見直しを予定している。特に会員の活発な関与が求められた。
2.運営については、分科会(糖尿病、肝炎、在宅、高血圧)の経過報告と今後の方針が討論される予定である。
3.佐々木病院(鶴見区)から、Wの会に対する開業医と病院の立場についての意見が述べられる予定である。
4.地域中核病院として移転の問題がでている済生会神奈川県病院の意見も述べられる予定である。


地域完結型医療を目指して、済生会神奈川県病院と協力してきた 「病診連携Wの会」 は近隣各区の医師の集まりであり、シンクタンクとして発展した開かれた会である。 より良い地域医療を目指して、多くの意見を求めたいと思う。

(平成14年4月17日)