第25回「病診連携Wの会」開催のお知らせ

新緑の候、先生方におかれましては、ますますご清祥の事とお慶び申し上げます。さて、第25回「病診連携Wの会」のプログラムが決定いたしましたのでご案内申し上げます。

今回のプログラムのコンテンツは、

疾患別連携

 1)今年度より横浜市でも50歳以上の男性を対象とし健康診断に組み入れられた前立腺特異抗原(PSA)検査と二次健診の解説
 2)Wの分科会でも比嘉先生を中心に活発に活動してきた糖尿病分科会の最近の報告

・病院若手医師への意見聴取から

 実は患者にとって入院時に最も重要な存在である病院若手医師。その若手医師は医療連携に何を思うか?問題点や新たなる提案について

・近隣地区の病診連携

 今後シリーズとして取り上げる予定で、今回が第一回目の保土ヶ谷区での連携の現況報告

東部中核病院と神奈川県病院

 前回のテーマにもありましたが、今回は開業医側が考える東部病院と神奈川県病院のありかた(利用法)を討議
と言う内容になっております。先生方にはご多忙とは存じますが、奮ってのご参加とご意見をお待ち申し上げます。

平成16年5月15日
世話人一同