病診連携Wの会世話人会報告


来る12月1日開催予定の「第28回病診連携Wの会総会」を前に、準備世話人会が10月5日に開かれた。
前回の世話人会に提案された項目について、経過報告と共に具体的な内容が論議された。
まず、疾患別連携として、開業医が日常診療で遭遇する「女性の下腹部痛」の連携パスについて開業医側から希望があった。各科に関係する内容であるので、一つの試みとして期待したい。
次いで、前回、連携現場の医師より、患者の連携に対する評価をアンケート方式で検討を試みたいという希望があり、総会までにアンケートを早速まとめる予定である。
個人情報の保護の立場から回収内容については、慎重に管理と発表をすることになった。
より良い、患者の為の医療を目指した会であるので、患者側からみた、病診連携の問題点を検討し、有意義なアンケートにする予定である。
更に、宿題であった会則改定に関しても、有志の会として各会員が総会をはじめ各活動に積極的に参加することを期待する内容が提案され世話人会で可決された。会の発展のために会員諸先生のご理解を期待する。

(2005.10.7)